防水ブーツのお手入れ

レディ

水気と汚れを取り除く

防水ブーツだから雨などに濡れた状態で、何もせずに放置してはいけません。使用後に濡れたら、乾いた布で必ず水気を拭き取るようにしましょう。では、これからブーツのお手入れの始め方を紹介します。まずは防水ブーツの水気を拭き取ります。そして専用の汚れ落としを布に塗り、ブーツについた汚れを取り除いていきます。ブーツが濡れた後にお手入れするのであれば、本体が乾いた状態でお手入れを行なって下さい。

靴用のクリームで保湿していく

汚れを落としたら、次は乳化性の保湿クリームを塗っていきます。この時に、革の中に浸透させるように丁寧に塗ってください。ブラシを使って保湿クリームを塗ると仕上げまでまとめて行えるのでおすすめです。保湿クリームをつけた直後は革の色が一時的に濃くなります。乾いた後は、しっとりとした温かみのある風合いになります。雰囲気が変わるのも楽しめて、靴の手入れも出来るので一石二鳥をした気分が味わえると思います。

仕上げに防水スプレーをする

防水ブーツの効果を持続させるためにも、最後に防水スプレーをかけましょう。縫い目やアウトソール側などは、水気が溜まりやすいので多めにかけると効果的です。防水スプレーにはフッ素系とシリコン系の2つのスプレーが存在します。シリコン系防水スプレーの特徴は、撥水の効果があります。しかし通気性の心配が出てくるので、フッ素系防水スプレーを使うのをおすすめします。

買ってよかったブーツの決め手

レインブーツで梅雨をのりきる

梅雨の時期を快適に過ごしたいと思い、通販でレインブーツを購入しました。シンプルなデザインなので持っている洋服と合わせやすい所が気に入っています。

履きやすくて便利

子供がいるので、脱ぎ履きしやすいブーツを探していました。サイドゴアブーツは横が伸びるデザインになっているので、とても脱ぎ履きがしやすくて助かっています!

寒さ対策にはロングブーツ

冷え症なので、冬は暖かさ重視のブーツを選んでいます。スエード素材のロングブーツは、底もしっかりしていて歩きやすいです。厚手のデザインなので冬にはとても重宝しています。

ストレッチ素材のブーツ

足の横幅が大きいので、毎回ブーツ選びが困難でしたがストレッチブーツを履いたら今まで足の小指が痛かった悩みを解決してくれました!柔らかい素材なので足に優しくて、靴ずれの心配もありませんでした!

疲れにくいショートブーツ

ブーツは可愛くて欲しい物は沢山あるけれど、ブーツ本体が重くて足が疲れやすいと思っていました。ですが、靴の底がふかふかで軽い素材のショートブーツを購入したら全然足が疲れなくて嬉しいです。